対物損害賠償の内容とポイント

軽自動車の任意保険を見直しする際に悩んでしまうのが、対物賠償保険を無制限にした方がよいかということです。
自動車保険をよくわかっていなくても、親や身近な方から、対物は無制限にしたほうがいいよ、とアドバイスをもらったことのある方は多いのではないのでしょうか。
軽自動車で事故を起こしてしまい、他人の車に損傷を与えた時には、その車の修理費用や廃車費用、またレッカー車代や代車使用料などが必要になります。
また建物やガードレールなどの建造物などに衝突した場合には、建物の損害賠償やお店の場合は営業の目途が立つまでの休業補償料などもかかります。
自賠責保険は対人賠償のみの補償になり、対物賠償は対象外となってしまうため、任意保険にきっちり加入しておくことが肝心です。

 

対人と違ってそれほど賠償金額がかからないように感じてしまいますが、電車などの公共の乗り物や店舗、または相手の車が高額な商品を積んでいた場合など、過去に億単位の損害被害額が発生しているケースもあります。
特に軽自動車に乗っている場合、相手の車が普通車や高級車の場合、その事故の過失割合にもよるのですが、自分より相手の損害額が
大きくなりやすい傾向があります。
普通車の場合は対物賠償保険は無制限にする方が増えているようですが、軽自動車の場合、事故を起こした時にそれほどの多大な損害は出ないと判断して上限額を決めて加入される方がいます。しかし過去のケースから分かるように、列車を止めたりすると億単位の損害が出てくるため、もしもの時のリスクを避けるためには、やはり対物賠償保険は無制限をおすすめします。保険を見直す際には、上限ありと無制限では月々の支払いにどの程度の差があるのか、見積もりをとってしっかり確認するとよいでしょう。