途中解約はだめ?

家計

自動車保険は通常、事前に期間を定めた上で契約をすることとなっています。

この契約が完了するタイミングを「満期」と言い、満期を迎えた保険は失効するため、再契約や保険の見直しなどを行うことになるでしょう。
ですが中には「自動車保険の見直しの為に途中解約をしたい」というようなケースもあります。
ではこの「途中解約」ということを自動車保険で行うとどうなるのでしょうか。
まず当然ですが、解約の契約が成立した時点で保険は失効しますので、契約解除後に事故を起こしたとしても賠償がされることはありません。
そのため、途中解約をするのであれば「次の保険が決まってから」というようにするのが無難です。

 

広範な保険会社の比較や考察をして、あなたにフィットした自動車保険を調査していきましょう。そうしていくことで、保険料も低価格にすることが、実現できるのかもしれないわけですね。
各々のサービスで、華やかなメリットがついていたりと、大事なサービス中身がそれぞれですから、とても有用で難しくない自動車保険インターネット一括見積りサイトのご活用をおすすめしますからね。

 

また「保険料の払い戻し」というところにも注意をしなくてはなりません。
保険は「不要になったから全額を返還してほしい」というようなことはできません。
月数で割る場合や、短期率と呼ばれる割合を適用して返還金が算出される場合などがありますが、これはそれぞれの保険会社によって変わってくることとなりますので、事前に確認をしましょう。
とはいえ、こうした保険の途中解約はあまり効率的ではないということは事実です。
どうしても見直しが必要なのであれば仕方ありませんが、自動車保険の見直しはなるべく保険が満期を迎えてからおこなうようにしましょう。
これは軽自動車でもエコカーでも同じことです。